1日のスケジュール

SCHEDULE

BTCで働く先輩社員の
一日のスケジュールをご紹介します
入社1年目
アナリスト
R.N
新卒2019年入社
入社後、研修専門機関において2ヶ月間のJava/Web研修を受け、6月に現在のプロジェクトに配属。
プログラミングや開発作業の他、クライアントとの会議資料作成や実際のプレゼンテーションを担当。チームメンバーのタスク進捗管理も担当し、1年目ながらもやりがいを感じる日々。
今後特に伸ばしていきたいのはマネジメントスキル。
1日のスケジュール
9:50
出社。メールチェック。
少し余裕を持って出社し、前日の退社後以降のメールをチェックします。
今日すべき業務タスクを洗い出し、予定を立てます。
10:15
二日に一回の(社内)定例チームミーティング。
プロジェクトの中でも更に細分化されたチームがあり、状況を報告し合います。私はチーム内の役割としてメンバー全員のタスク進捗管理を任されているので、ミーティングの進行役も務めます。
11:00
開発中システムの機能テスト。
開発中のシステムが正常に動くか確認します。地道で根気のいる作業ですが、重要な業務です。
13:00
ランチ休憩。
今日は同期女子3人で近場のレストランへ。
上司やチームメンバー、パートナー企業と食べることもあります。
14:00
システムの改修(プログラミング)
集中力が必要な業務。不明点やつまずきは先輩社員に確認します。
話しやすい先輩が多くフラットな雰囲気の職場なので、質問しやすく、安心して作業に取り組めます。
16:30
クライアントとの定例会議の準備。
配属後間もないうちから会議資料の作成や実際のプレゼンを任されています。
配布資料の最終確認や、当日のリハーサルなどを行います。
18:00
今日の業務の振返り/レビュー
今日のタスクの見直しをし、メンター(先輩社員)に報告。
1対1でレビューをしてもらい、明日のタスクも確認します。丁寧に指導してもらえ、不安なことは何でも言えるので安心感があります。
19:00
退社。
プロジェクトの進捗によって多少の残業はありますが、多くて1~2時間で退社します。
入社5年目
シニアコンサルタント
T.N
新卒2015年入社
現在はBTCのクラウド案件を支援するクラウドCoE(Center of Excellence)という組織に所属。CoEでは、クラウドに関わる最新技術動向を把握しながら、複数のプロジェクトに対する技術支援を行っているため、その日によってスケジュールが大きく変わる。
自分のタスク管理を完璧にこなしつつ、各プロジェクトのメンバーからの相談に答える余裕が必要。
1日のスケジュール
9:50
出社。メールチェック。
自分のスケジュールとチームメンバーのスケジュールを確認し、タスクの洗い出しを行います。
10:00
アーキテクチャ設計や、定例会議に向けての資料作成。
担当プロジェクトの要件定義を行い、システムの全体像を設計。
その間もプロジェクトメンバーから質問があれば、都度回答します。
12:00
ランチ休憩
チームメンバーから誘われた時などは一緒に行きます。
13:00
インフラ構築。
クライアントの要望を受けて or スケジュールに従いインフラ構築を進めます。
16:00
クライアント先で定例会議。
作成した資料を持って、クライアントへ説明します。
18:00
帰社。社内向け資料の作成。
週一回行われるクラウド推進定例ミーティングで取り上げられたテーマに沿って、課題解決に向けた資料を作成します。
19:00
メンバーの作業進捗確認と、自分のタスク整理。
自分のタスク整理はもちろんですが、メンバーの作業進捗も確認し、
明日の作業の指示出しを行います。
20:00
退社。
日によって変わりますが、遅くとも21時までには退社します。
挑戦するかは、
あなた次第だ。
It’s up to you.
ENTRY
トップ > スケジュール