キャリアパス

CAREER PATH

「社員こそが最大の武器」を実現する為に
社員育成方針
入社後、まずはアソシエイトとしてプログラミングスキルを磨き、システムの技術・知識を学びます。
将来的には、コンサルタントやプロジェクト全体を管理する
プロジェクトマネージャへとステップアップしていきます。
まずはエンジニアと
コンサルタントの双方を経験
若い時からエンジニアとしての実務経験を積むだけでなく、コンサルティングの基礎であるクライアント調整等にも携わり、基礎を固める。
得意分野に強いIT人材へ
管理職(マネージャ)として、自分の得意分野を生かしたプロフェッショナルへ。
管理職以上になると
高度IT人材へ
社内のみならず、社外からも認知される「高度IT人材」へ。
実力主義のキャリアパス
プロがプロを育成する
成長を加速させる環境が揃っています
入社後、まずはアソシエイトとしてプログラミングスキルを磨き、システムの技術・知識を学びます。
将来的には、シニアアソシエイトやプロジェクト全体を管理する
シニアマネージャへとステップアップしていきます。
アソシエイト
プログラミングをメインに担当。
設計、運用にも携わる。
一定の経験を積んだ後は、
顧客との打ち合わせにもメンバーとして参加。
シニアアソシエイト
自らも開発を行いながら、
開発現場のまとめ役としての役割も果たす。
メンバーのモチベーション管理などを行う一方で、
外部との調整や折衝も増える。
マネージャ/シニアマネージャ
プロジェクト全体を統括し、
人・モノ・金のすべてを管理する。
非常に幅広い業務を手がけると共に、
数字へのコミットメントも求められる。
アソシエイト
Associate
プログラミングをメインに担当し、設計、運用にも携わる。
一定の経験を積んだ後は、顧客との打ち合わせにもメンバーとして参加。
開発スタッフへの業務の振り分け、スケジュール管理、プレゼンなども手がける。
なぜBTCに入社したのか?
まず文系・理系に関わらずモノを生み出せる仕事という点に惹かれました。
中でも、BTCは単にシステムを提供するだけにとどまりません。コンサルティングを行い、付加価値を創造することができます。
また、社長や役員との距離が近く風通しが良いため、社内は活発な雰囲気だと感じました。多様な経験を積みIT業界で著名な社員も多く在籍しています。自己を高め、一流の人材へと成長していけると確信を持ちました。
BTCならではの特徴
BTCは若手が中心となり活躍しています。
早い段階から大きな裁量を与えられ、一つ上の仕事にも積極的にチャレンジしていけます。
設計や顧客対応など他社では入社3〜5年目の社員が行うことも、BTCでは1〜2年目で手がけることができるのです。
自分の実力以上の業務を任されることも少なくありませんが、上司や先輩がサポートをしてくれるので、失敗を恐れずにチャレンジしていくことができ、着実な成長が遂げられていると感じます。
シニアアソシエイト
Senior Associate
自らも開発を行いながら、開発現場のまとめ役としての役割も果たす。
メンバーのモチベーション管理などを行う一方で、外部との調整や折衝も増える。
共同で開発を行うパートナー企業がある場合は、その管理も実施。マネージャと共にシステムの仕様を決定していく。
BTCで求められる成長
一つ上の役割にチャレンジすることが常に求められます。
与えられた業務ができるようになったら、自ら進んで上の仕事に取り組むのがBTC流です。業務を行うにあたり、上司は最初、細かく指示を出してくれますが、徐々に「自分の判断で動くこと」を求められます。
それは、突き放すのではなく、自ら考えること、そして、行動を促していることの表れです。自らの成長に合わせ、役職やポジションは後からついてきます。
クライアントの期待
BTCはお客様のニーズと事業を深く理解し、ビジネスをサポート・創造する、システムを形作るITコンサルティング企業です。
お客様からは「単なるシステム会社とは考えていない、知見を活かし、提案・反論してほしい」と期待されます。言われたものを言われた通りに作るだけでは、BTCの仕事とは言えません。要望された以上のシステムを創りあげ、お客様の期待のさらに上を行くのが、BTCとして当たり前のあり方です。
マネージャ/シニアマネージャ
Manager/Senior Manager
プロジェクト全体を統括し、人・モノ・金のすべてを管理する。
非常に幅広い業務を手がけると共に、数字へのコミットメントも求められる。
クライアントに深く入り込み、新たなプロジェクトの発掘と受注も重要な役割の一つ。
シニアマネージャになると管理プロジェクトの数も増える。
BTCのチーム力
チームとして質の高い仕事を行うためには、全体の底上げを図る教育が必要不可欠です。
メンバーによって性格や目指す将来像が異なるので、一人ひとりとミュニケーションを取りながら、それぞれが仕事の幅を広げ自己を高められる教育を実施します。
理想としては、プロジェクトの初期段階で意思統一を図り、各人が役割や業務内容を理解し、その上で、自ら考え自走できるようにすることです。
マネージャとして見据える目標
マネージャになると、顧客の側に立つ視点と利益に関する視点の両立が欠かせません。
顧客のプロジェクトを成功に導くというミッションが課せられており、責任は重大です。顧客、プロジェクト、システム、メンバー、そのすべてを十分に理解していないと務まる仕事ではありません。
BTCではマネージャの上の役職は執行役員です。経営視点を持ちながら会社への貢献を果たし、役員へのステップアップを目指します。
挑戦するかは、
あなた次第だ。
It’s up to you.
2025年度卒ENTRY 2026年度卒ENTRY